12月の星空情報

12月の星空情報を知りたい!そんな時の情報収集に是非ご活用下さい。

12月の星空の見え方

出典:国立天文台 天文情報センター

12月の主な天文現象

日付天文現象
12/13細い月と金星が大接近
12/14ふたご座流星群が極大
12/15皆既日食
12/17細い月と木星、土星が接近
12/21木星と土星が大接近

12月の注目の天文現象

12月13日 細い月と金星が大接近


12月13日の未明から明け方、東南東から南東の低空で細い月と金星が大接近する。

12月14日 ふたご座流星群が極大


12月14日、三大流星群の一つに数えられるふたご座流星群の活動が極大となる。12月13日宵から14日明け方が見ごろ。
ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と共に、三大流星群の1つです。
ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群で、ふたご座α流星群とも呼ばれています。

他の流星群よりも当たり外れが小さく、毎年1時間あたり20個ほどの出現を見せ、条件が良いときは、1時間あたり50個以上出現することもあり、一晩で見られる数では年間最大を誇っています。最近は明るい流星や流星痕の出現も観測されており星空ファンにとても人気があります。

2020年は、12月14日前後に極大を迎えます。
当日は、月明かりがまぶしいため条件は良くありませんが、街中でも見やすい流星群のひとつです。寒さ対策をして、ゆっくり時間をかけて空を広く眺めるのがコツです。

12月15日 皆既日食(チリ、アルゼンチン)


12月15日(日本時間、現地時間では14日)、南太平洋からチリ、アルゼンチン、南大西洋で皆既日食が見られる。

12月17日 細い月と木星、土星が接近


12月17日の夕方から宵、南西の低空で細い月と木星、土星が接近する。

12月21日 木星と土星が大接近


12月上旬から下旬ごろ、夕方から宵の南西の低空で、木星と土星が大接近する。最接近は12月21日ごろ。

お役立ちサイト

星空情報収集に役立つサイトを紹介します。

天体イベント、ニュース

Screenshot of www.astroarts.co.jp
AstroArtsアストロアーツ http://www.astroarts.co.jp/
毎月の天文現象など星空ファン必見の情報満載。様々な星空関連ニュースを配信してます。

おすすめの記事